I found this

ネットで見つけた。感想書いた。

ヒストリー

錬金術ではお金持ちになれない理由

紙幣というものが導入されて以降ずっとつきまとっている犯罪といえば偽造紙幣の使用です。誰でもコピー機でお札が作れたら、、、などと考えたことがあるのではないでしょうか。 しかし紙幣の偽造は犯罪であるだけでなく、現在世界の主要な紙幣にはコピー防止…

原発の過去と未来はスターウォーズと全く同じストーリー展開である

原子力発電を続けるのかやめるのか。日本にとって大きなテーマですが、原子力の歴史を調べてみるとなんと過去から未来への出来事が、映画「スターウォーズ」のストーリーと完全に一致していることがわかります。 ここでは、原子力発電の歴史とスターウォーズ…

お年寄りはなぜ身長が低いのか

現在4人に1人が65歳以上という超高齢化社会を迎えている日本ですが、街で見かける高齢者は大抵の場合若い世代の人よりも背が低いです。 なぜおじいちゃんとおばあちゃんは背が低いのでしょうか。 歳を取ると背が縮む 多くの人が聞いたことのある話は、歳を取…

世界に似ている国旗が多い理由

オリンピックやワールドカップなど世界的な大会が開かれるたびに、国旗の見分けがつかないと感じることはないでしょうか。とにかくそっくりな国旗が多いのです。 例えば、下にある二つの国旗。どちらがインドネシアでどちらがポーランドか一発でわかる人はか…

キーボードの配列がQWERTYになった理由

みなさんが使っているパソコンのキーボードは、特殊な例を除けば左上から順にQWERTYの並びになっていると思います。現在事実上の標準キーボードになっているこのタイプは、QWERTYの並びをそのまま読んで通称クワーティキーボードです。 キーボードがなぜこの…

昔の人は青が見えなかった

好きな色ランキング第1位の常連である「青」。ある調査によれば、世界中で青は2位以下を大きく引き離して好きな色の第1位なのだそうです。 しかし驚くべきことに、長い歴史の中で人類が「青」の存在に気がついたのはかなり最近になってからだといいます。…

200年以上戦争を避けてきた永世中立国スイスの戦略

ヨーロッパのど真ん中に位置し、欧州鉄道の旅などでも人気の高いスイス。 そんなスイスの代名詞といえば「永世中立国」という立場でしょう。 永世中立国スイス 永世中立国とは、単に政治的に中立の立場を取るだけではなく、戦時などにどちらの側にもつかない…

古い呼び名がある世界の都市

東京が昔は江戸という名前であったことは、誰もが知っていることでしょう。 徳川幕府が倒され260年続いた江戸時代は終わり、明治時代の始まりとともに江戸は東京と呼ばれるようになりました。もちろん東京だけでなく、明治政府による廃藩置県により日本中に…

空飛ぶクルマに最も近づいた70年代ニューヨーク

SFの世界では当たり前の乗り物である空飛ぶクルマ。以前から人々は空飛ぶ車がいつか実現すると信じてきました。 そんな空飛ぶクルマに最も近づいたのはアメリカニューヨークにあったNew York Airwaysでしょう。 1953年にニューヨークにあるラガーディア空港…

なぜ中国とインドは人口が多いのか

人口が多い国といえば誰もが思い浮かべるのが中国とインドでしょう。事実この両国を合わせると人口は27億人にもなります。 他国と比べると、次に人口が多い20ヶ国をすべて合わせても26億人しかいませんし、残りの170ヶ国には20億人しかいません。圧倒的な人…

天体観測から戻ったら死んだと思われていた男

18世紀ヨーロッパで太陽系の大きさを推定するため、イギリス、オーストリア、フランスの天文学者が世界の別々の地点から金星が太陽の前を通過する瞬間を観測することとなった。南アフリカ、シベリア、北アメリカ、インド洋、南太平洋、中米からの観測である…

民主主義は最悪の仕組みである

「 民主主義は最悪の仕組みである」とは、イギリスの元首相ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)の言葉だそうです。 チャーチル元首相 また、ストレートな発言で知られるイギリスのロックバンド元オアシスのノエル・ギャラガーも、イギリスのEU離脱…