I found this

ネットで見つけた。感想書いた。

モノマネ上手なベネディクト・カンバーバッチ

イギリスBBCのテレビシリーズ「シャーロック」で主人公シャーロック・ホームズを演じて世界的に大ブレイクしたベネディクト・カンバーバッチ

その後は、スティーブン・スピルバーグ監督の「戦火の馬」、「ホビット」シリーズでのドラゴン スマウグの声に、J・J・エイブラムスが監督した「スタートレック イントゥダークネス」、さらにアカデミー作品賞受賞作「それでも夜は明ける」などハリウッド作品に次々出演。

「イミテーションゲーム」では、ドイツ軍の暗号を解読するために初期のコンピュータを発明した実在の人物アラン・チューリングを演じてアカデミー賞主演男優賞にもノミネートされました。

そんなカンバーバッチが映画「フィフスエステート」で演じたのが、ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジです。

イギリスのテレビ番組「Graham Norton show」で、そのことが話題になっていました。

youtu.be

 

イギリスの新聞ガーディアンの記者など、実際のジュリアン・アサンジをよく知る人たちも驚くほど完璧に本人を演じているというカンバーバッチ。

実在の人物を演じることに自信はあるか、ものまねはたくさんやるのか、と聞かれて、やるよ。みんなやるだろ?音楽とか喋り方とか。学校では人とかキャラクターとかを真似してふざけてたよ。たとえ人じゃなくても擬人化したりしてね。と答えています。

 

そしてカンバーバッチが披露したモノマネは、同じくゲスト出演していたハリソン・フォードが言葉を失うほど完璧なものでした。

それはスターウォーズハリソン・フォードが演じたハン・ソロの相棒に当たるキャラクターのチューバッカです。

 

旧シリーズにしろ新シリーズにしろスターウォーズを観た人なら、チューバッカのモノマネなど不可能だと思うでしょう。

それを完璧にこなすベネディクト・カンバーバッチのモノマネはアカデミー賞級です。